新入荷のお知らせ

トロピカルマウンテン

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

今日はまたまた新入荷の豆のご紹介です!

「トロピカルマウンテン」

原産国は東南アジアのパプアニューギニアです。

苦味系の「マンデリン」で代表されるインドネシアの隣国のこの国で栽培されたこの豆は、パプアニューギニアの政府機関“Coffee Industry Corporations LTD”と共同で日本の輸入業者が開発したオリジナルアイテムです。

標高1800〜2000m付近で栽培されるこの豆は、昼夜の寒暖差から身の引き締まった綺麗な形の豆になっています。味の特徴はマンデリンに比べると優しい酸味とフルーティな味になっていて、クセはないのですがコクがしっかりしてクリア印象です。

焙煎度合によって酸味甘み苦味と様々な表情を見せる、このトロピカルな南国の味わいを是非お試しくださいませ!

 

 

オアハカ オーロラ農園SHG

オアハカオーロラ農園生豆

 

「オアハカ 地図」の画像検索結果

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

今日のご紹介は「オアハカ オーロア農園SHG」です。

原産国 メキシコ(中米)

オーロラ農園は美しい海岸近くのオアハカ州太平洋岸の町フアツルコにありメキシコでもきわめて特徴的な品質を生む地域の一つとされるプルマヒダルゴ地域(海抜1200~1600mの地域)にあり、コパリータ川周辺の肥沃な土壌と豊かな環境、自然を利用したシェードツリーと最小限の農薬使用で育てられたコーヒーの完熟果実だけを、人手でより選択的に収獲し、注意深く水洗処理が行われたのちに、天日乾燥して仕上げています。

味の特徴としては透明感がありやわらかい酸味と甘みのバランスがよく、さめてもおいしく飲めます。

SHGとはストリクトリーハイグロウンの略で、メキシコにおいては1700m以上の高地で栽培されたものを指し、標高が高いほどゆっくりと熟し良い酸味のある硬めの高品質の豆になりやすいです。

皆様どうぞお試しくださいませ。

 

新入荷のお知らせ

インドネシア アラビカバリ神山

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

新入荷のお知らせです!

「アラビカ バリ神山」

原産国はインドネシアです。

インドネシアの豆といえば「マンデリン」が思い浮かぶ方も多いと思いますが、同じ苦味系の豆になります。

「マンデリン」のようにどっしりとした苦味、ボディ感を持ちながら繊細な透明感 甘みも感じられます。

一口飲んでみてとても飲みやすく美味しく感じました!

皆さまどうぞおためし下さいませ。

GW週 営業日のお知らせ

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

ゴールデンウイークは通常通り、金 土 日 月曜日と営業致します。

4/30(火) 5/1(水) 5/2(木) は休業いたします。

みなさま良い連休をお過ごしくださいませ。

店内模様替えをしました!

店内コーヒー豆移動

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。今週も元気に開店しております。

お休みの間、店内の模様替えをいたしました!お客様が重なることも増えてきたので、店頭にあったコーヒー豆を奥に移動してお待ちいただくスペースを広げました!

皆様のご来店お待ちしております。

タンザニア・キリマンジャロ AA


こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。
本日のご紹介は人気のタンザニア・キリマンジャロです 。

タンザニアはアフリカ東部にあります。この国の北東部アフリカ最高峰のキリマンジャロ山の標高1500~2500m付近の高地で栽培されています。一般的に標高の高い地域で栽培されたコーヒーは昼夜の気温差が激しい為風味豊かになると言われています。

柑橘系のフルーツのような甘味とやや強い酸味、コクは控えめで甘い香りとすっきりとした飲み口が特徴です。酸味が苦手という話を時々聞きますが、多くの場合、焙煎後日にちが経って酸化が進んだコーヒーを飲んでいる事が多いようです。

美味しい珈琲の酸味とは、嫌味のない、鼻にフワーっと広がってくるようなさわやかな感じで、スッキリと飲む事ができます。

最後についている AA とは、豆の粒の大きさのグレードを表していて、7.2㎜以上の一番大きな粒のグレードになります。

どうぞお試しくださいませ。

ハンドピック

コーヒー豆ハンドピック

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

きょうの午前中は生豆のハンドピックから始まりました。輸入されたコーヒー豆には現地では取り除ききれていない欠点豆が混じっています。欠点豆には虫食い、カビ豆、砕け豆、貝殻豆などありますが、これらが混じっていると香味に悪影響を及ぼすので、ハンドピックで取り除きます。

今日はペルー ・カフェオルキデア10kgのハンドピックをしました。

皆様のご来店をお待ちしております!

 

 

 

浅煎り?or 深煎り?

貴方のお好みの焙煎度合は何ですか?

まめや倉敷珈琲では小型直火式焙煎機で焙煎します。焙煎度合いは火加減と時間で自在に調整します。一般的には酸味やカフェインをお好みの方は浅煎りを、苦味やコクを好む方は深
煎りをおすすめしています。
まめや倉敷珈琲では同じコーヒー豆でも焙煎度合いを変えることにより全く違う味をお愉しみいただけます。
その時の気分で浅煎り、深煎りを飲み分けるのも素敵なコーヒーとの付き合い方かもしれませんね。

まめや倉敷珈琲でお好みの焙煎度合をお試しください。

まめ吉くん大活躍!

コーヒー豆焙煎中

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

今週は新規のお客様にたくさんご来店頂きました。ありがとうございます!

当店で使用している小型直火式焙煎機「まめ吉くん」は店内入ってレジカウンターを挟んですぐのところに設置しています。焙煎中はすぐ近くでまめ吉くんが働いている様子を見ていただけます(^^)。新規でご来店頂いたお客様は、皆さま店内に広がる焙煎時の香ばしい香りに包まれ、焙煎の過程を今まで見た事がないと興味深く見ていただいています。

明日から火 水 木曜は定休日となります。またのご来店お待ちしております!