コスタリカ SHBコーラルマウンテン

こんにちは! 焙煎香房まめや倉敷コーヒーです。朝晩寒さを感じるようになり、暖かいコーヒーが美味しい季節になりました。

当店には当然のことながらコーヒーがお好きなお客様が多くいらっしゃいますが、その中でも「コスタリカのコーヒーが好き」と言われるお客様が目立ちます。

コスタリカ(中米)は太平洋とカリブ海に面していて、国土を横断する火山帯が標高差のある変化のある地形を作っています。熱帯地帯でありながら標高が高いので、昼夜の温度差が激しくなり、より引き締まったコーヒー豆を作ることができます。赤道の真下にある熱帯地域なので安定した日照量もありますが、適度な日照量にするために「シェイドツリー」という日光を遮って日陰を作るための木をコーヒーの木の横に植えています。

また火山灰によるミネラル豊かな土壌は保水力もあり、コーヒーの為の栄養と酸素供給も助けています。

コスタリカではアラビカ種という高品質なコーヒー種のみ栽培が許可されていて、他の種類の低品質なコーヒー豆の栽培は法律で禁止されています。

当店で扱っている「コーラルマウンテン」はSHB(ストリクトハイビーンズ)と呼ばれる標高1400~1500mという最も高いランクで収穫された豆であり、サンホセ西部の山岳地帯の限定農園で丁寧に栽培収穫されたものです。

苦味が少なく、甘みとコクがあるまろやかな味わいが人気です。

酸味がお好きで浅煎りで買われる方も多いですが、いつも深煎りにするという方もおられ、上品な苦みを楽しむ方もおられるようです。

ぜひお好きな焙煎度合いでお愉しみください。

  

新入荷のお知らせ

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

当店新発売のお知らせです!

原産国:インド  「プランテーションAA ジュリアンピーク農園」

「インド ブルックリン農園」終売に伴い、新しく同じインドからの豆を販売いたします。

ジュリアンピーク農園はブルックリン農園の山の反対側に位置しており、ブルックリン農園は勾配が緩やかで”Garden”と表記されていたのに対し、ジュリアンピーク農園は”Forest”と表現することが好ましいようです。急勾配に植えられたコーヒーツリーは中米を思わせるほどで、シェードの中で育てられたコーヒー豆は穏やかな酸味も感じられますが、味合うほどに甘みもよく感じられます。

焙煎度合いで酸味から甘み、程よい苦味も感じられる美味しいコーヒーとなっております。ぜひご利用くださいませ。

  

 

 

9月もよろしくお願い致します!

 

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷倉敷珈琲です。8月も今日でおしまいですね。暑い中たくさんのお客様のご来店ありがとうございました。5月にやって来た当店看板木(?)のコーヒーノキもスクスク育ち、15cm大きくなりました。

9月は通常通り水曜日のみの定休日となります。皆さまのご来店をお待ちしております!

 

珈琲ギフト始めました!

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

倉敷も梅雨明け間近というところでしょうか、やっと暑くなってまいりました。夏のご挨拶にまめやの珈琲ギフトはいかがでしょうか?

メニューの中からお好きなコーヒー豆を2〜3種類詰め合わせて包装致します。

配送も承っております。どうぞご利用くださいませ!

詳しくはメニューをご覧ください。

https://mkc2016.com/%e3%83%a1%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc/

       

 

臨時休業のお知らせ

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

誠に申し訳ございませんが以下の通り休業させていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願い申し上げます。

7/3(水)〜7/4(木)

7/8(月)〜7/10(水)

3周年感謝セールのお知らせ!

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

おかげさまで開店3周年を迎えます。

 

令和元年 6/6(木)〜6/16(日)まで感謝セール開催。新規のお客様も対象!

この機会に、まめや倉敷珈琲の美味しいコーヒーをお求めください。

 

期間中は時間帯により混雑が予想されます。

できるだけ、LINE、電話での事前注文をお勧めします。

ニカラグア・カサブランカ農園

「ニカラグア」の画像検索結果

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。今日は「カサブランカ農園」のご紹介です。

原産国 ニカラグア(中米)

あまり馴染みのない国名ニカラグアですが、中米のど真ん中、コスタリカとホンジュラスの間に位置しています。広い国土に恵まれているニカラグアのコーヒー栽培は主に山岳地帯で行われています。火山が多く、コーヒー栽培に大切な火山灰の土壌と気候が揃っています。カサブランカ農園は、ニカラグアの北西部のホンジュラスとの国境に近い、崖と谷が入り組んだ山岳地帯、ヌエバセゴビア県ディピルトに位置します。ここはCOE(Cup of Exellennce) 受賞農園が集まる、ニカラグアのコーヒー名産地のひとつとして、多くのコーヒーバイヤーから注目を集めています。カサブランカ農園も2000年代にニカラグアのCOEに3回、2012年に1回の入賞経験を持っています。農園の周辺は自然が豊かで、バナナ、トロピカルフルーツなどを収穫でき様々な動物たちも生息しています。

口当たりは柔らかく、チョコレートやナッツを思わせる甘く滑らかな風味、上品な酸味が感じられます。明るさと相まって、余韻は甘さを持ちつつも、しつこくない所が特徴です。 酸味の苦手な方にお試しいただきたいコーヒーです。

 

 

 

ペルー カフェオルキデア

こんにちは!焙煎工房まめや倉敷珈琲です。

今日はペルーカフェオルキデアのご紹介です。

原産国 ペルー

南米ペルーの北部の小さな集落、アマゾナス州ウアヤバンバ渓谷の中のアチャマル村という、リマから約30時間かけて巡りつく秘境で、昔ながらの方法で自然環境保護を考えながら生産されたコーヒーです。

日本人の高橋克彦さんという方が、奥様の地元であるこの小さな村の経済を支えようと手作業で有機栽培営んでおられます。

 標高1500mもあるこの村は朝晩の気温差が大きいため良質のコーヒーができるのにはぴったりの土地柄です。ここで採れるコーヒーは香りの良さとフルーツにような甘酸っぱさ、そしてすっきりとした後味が特徴です。

酸味系のコーヒーがお好きな方にオススメの豆です。まずはミディアムでお試しください。